OBSあるあるシェーダパックの使い方

OBS あるあるシェーダパックとは? OBS あるあるシェーダパックは、私 おしるこテクノロジー が作成した OBS StreamFX 用のシェーダ集です。本シェーダ集は、映像編集における「あるある」な演出効果を OBS で実現 することを目的としています。 本シェーダ集は以下の URL から入手できます。 Booth でダウンロード: https://oshiteku.booth.pm/items/2696124 GitHub リポジトリ: https://github.com/oshiteku/obs-StreamFX-trivial-shaders OBS StreamFX 本シェーダ集は、OBS のプラグインである StreamFX を利用しています。 インストール方法と動作環境は 公式の Wiki ページ にありますので、そちらを参考にセットアップして下さい。PC によっては動作しない場合もあるようですので、動作環境をお確かめ下さい。 シェーダの使い方 StreamFX をインストールした状態で、以下の図のような手順でシェーダを追加します。各シェーダの調整方法については 各シェーダの説明 を参考にしてください。 各シェーダの説明 outline 非透過領域の周りに枠線を描画します。縁取り効果とも呼ばれます。 パラメータ 説明 Stroke Width 縁取りの太さ Color 縁取りの色指定。各 [0] ~ [3] のパラメータが RGBA に対応 pixel-outline 解像度の低い outline を描画します。ピクセルアートのような縁取り効果です。...

February 14, 2021 · 1 min · おしるこテクノロジー

ハモグラフ公式ガイド

ハモグラフとは? ハモグラフは、私 おしるこテクノロジー が作成したOBS用のオーディオビジュアライザです。 次のような特徴があります: ブラウザだけで動作 OBSのブラウザソースを使うためインストール不要です インターネット越しに使用可能 OBSを起動しているPC以外の音声を表示出来ます URLを共有すればコラボ配信にも利用可能です 類似のソフトウェア 類似のオーディオビジュアライザに、Spectralizer があります。こちらはWebアプリではなくOBSのプラグインです。 ハモグラフのようにネットワーク越しの表示は行えませんが、配信ごとのセットアップ作業が不要なため常用する場合はこちらが便利です。 Spectralizer: https://obsproject.com/forum/resources/spectralizer.861/ 使い方 まずはハモグラフのページを開きます。 https://hamograph.oshiteku.app/ 次に 音声入力 を設定しましょう。接続ボタンを押して設定できます。 ハモグラフはマイク入力とデスクトップ音声に対応しています。ブラウザやOSによっては、デスクトップ音声が使用できない場合もあるので注意して下さい。 音声入力を設定すると、音声に応じてプレビューが動き出します。 次はハモグラフをOBSに追加する設定です。設定用のURLが出るのでコピーしておきます。 OBSのソースにブラウザを追加し、先程コピーしたURLを設定します。幅と高さはお好みで。短い方に合わせて大きさが変化します。 以上で設定は完了です。 カスタマイズ コンフィグのパラメータを更新すると、見た目をカスタマイズすることができます。 色 バーの色です。CSSの色指定が使えます。 マイクゲイン / デスクトップゲイン 音声入力のゲイン設定です。0で非表示、2で2倍のゲインになります。 バーの数 表示するバーの本数を指定できます。 開始点 / 終了点 表示領域の半径を1としたときの、バー描画の開始点と終了点が指定できます。開始点 > 終了点とすることで内向きに動く表示を作れます。 最小高さ バーの最小高さです。0に設定すると、入力が無のとき表示も無になります。表示領域の半径を1としたときの値です。 幅 バーの横幅。表示領域の半径を1としたときの値です。 角の半径 バーの角を丸くしたいときに。これも表示領域の半径を1としたときの値です。 カスタムCSS バーには “bar” というクラス名を付けているので、このようなCSSでカスタマイズできます。 .bar { filter: drop-shadow(0 0 10px crimson); } 上記のCSSをOBSのブラウザソースに設定した結果はこのようになります。...

January 30, 2021 · 1 min · おしるこテクノロジー